専業主婦の苦悩を元気に変えたい!

専業主婦のクノウ

お金

専業主婦のへそくりについて聞き辛いことを教えます!

更新日:

へそくり貯めてますか?

こんな質問、なかなか人には聞き辛いですよね。

親しい人ならまだしも、他人には尚更聞けないです。

 

専業主婦が旦那さんに黙ってこっそりへそくりを貯めることについて

 

専業主婦なのに夫の給料からお金を抜くなんて!

 

そう思う方も中にはいるみたいですが、家事・育児をこなしていて給料無し。

へそくり位、許してよと思ってしまうわけです。

 

そんなわけで今回は専業主婦のへそくりについて調べてみました。

よろしければ最後までご覧ください。

 

専業主婦でもへそくりしてる?

なかなか聞き辛いへそくり事情。そんなへそくりに対して次のような意見を持ってる方が多かったです。

 

してる派の意見

シュフ☆彡
もしもの事態が起こった時用にこっそり貯めています。

今のご時世どんなことがあるかわからないし…万が一の為にもへそくりをしています。

もしも…なんて事が起こって欲しくは無いのですが、未来の事なんて誰にもわからないですよね。

転ばぬ先の杖としてこっそり貯める方が多いようです。

 

家族に知らせてあると、貯めてる分があるからと当てにされてしまうこともあるので、最初から無いものとしてへそくりをしておくと良いかもしれません。

 

してない派の意見

シュフ2
内緒にはしないで、自分名義の貯金口座を持っています。

そこに貯めていってるので、特に秘密にはしてないです。

 

こちらは特別隠すことはしていないという意見。コソコソしないで良いので気が楽ですね。

 

専業主婦さん!へそくりいくら貯めてる?

既婚女性のへそくり金額は

 

平均で約147万円だそうです。

 

これは大手生命保険会社の明治安田生命が「いい夫婦の日」に関するアンケート調査を行った時の回答で、年代が20歳~70歳と幅が広くへそくりを貯めていない0円の方も含まれています。

 

下の図は年代別にまとめたものです。

参考:明治安田生命「いい夫婦の日」に関するアンケート調査

 

自分の子供が社会に出て自立する頃位になるとへそくりも多くなる傾向があるようですね。

 

今はまだ子供が小さいのでまだまだ簡単に貯めるなんて出来てない状況にいる私ですが、この数値をみると期待でヨダレが出てきます。笑

 

貯めたへそくりは何に使うつもり?

こっそりと貯めたへそくり。何に使う為にへそくりをしているのでしょうか?

 

  • 離婚
  • 夫がお金を持って家に帰らなくなった時
  • 震災
  • 火事・事故
  • 夫の死亡時、夫名義の口座が凍結してお金を動かせなくなった時
  • ご褒美
  • 生活費
  • 教育費
  • 趣味
  • 服・アクセサリー
  • 家族旅行
  • マイホーム・マイカー購入用

こうしてみると、色んな理由でへそくりを貯めている方がいます。

 

夫婦関係が終わる時の為もありますが、自分へのご褒美の為っていうのも前向きなものなのでとても良いと思います。

 

ご褒美の為なら頑張ってお金を貯める気にもなれます

 

では、どうやってへそくりを貯めていっているのでしょうか。

 

どうやってへそくり貯めてるの?

  • お小遣いで余った分を少しずつ貯めていく。
  • 給料から最初にへそくり用にとりわけておく。
  • 何か買った「つもり」になって、つもり貯金をする。
  • 財布の中に500円玉がある時に500円玉貯金をする。
  • 内職や在宅ワークなどでこっそり稼ぐ。
  • 貯蓄型保険
  • 外貨預金
  • 投資信託・株式投資

色んな方法がありますが、500円玉貯金は独身の頃にしたことがあります。

 

500円玉を貯めるための貯金箱を100均で買って、日々貯まっていく喜びを感じていたのですが、ある日急なお誘いがあって給料日前だということもあって、つい…。

 

なので、今は簡単に開けられるお菓子の缶に小銭を貯めていってるのですが、いつでも開けられるという安心感があるためか手を出していません。

 

それに今は在宅ワークもしているので、それを少しずつ貯めていっています。パソコンとネットワーク環境がある方にはオススメですよ。

 

そんな感じで色々自分にあった貯め方を探してみると良いですね。

 

貯めることができたら、次は隠し場所をどこにするかですが、次に紹介している隠し場所はいかがでしょうか?

 

こっそり教えて!隠し場所

ではでは、へそくりを貯めるのに大事なのは隠し場所です。

 

こっそりするなら見つかりにくいところに隠したい!

 

貯めてる人はどんな所に隠してあるのか…少しだけご紹介します。

  • タンスの奥
  • 裁縫道具入れ
  • 生理用品入れの中
  • ネット銀行

やはりタンスの奥って安心する隠し場所なんでしょうね。裁縫道具や生理用品入れの中は女性ならではといった隠し場所。

 

もう一つ便利な隠し場所なのがネット銀行です。通帳が無くアプリで管理することができるものもあり、かなり便利です。

 

私はクラウドソーシングの報酬をネット銀行に入金するようにしているのですが、最初は「ネットの銀行なんて恐いし、不安だからイヤだな…」と思っていたのですが、手数料節約のためにネット銀行を開設して使ってみることに。

 

デビットカード付きのキャッシュカードを選んで何ヶ月か使ってみたのですが、ネットショッピングをする際に引き落としの確認ができたり、口座にいくら入っているかがスマホですぐ確認できるので非常に便利です。

 

話が脱線してしまいましたが、ネット銀行は通帳が無いのですが、コンビニATMで引き落としをする為のキャッシュカードは送られてくるので、こっそりする場合は家族に見つからないように気を付ける必要があります。

 

最後に

私も家に転がっている小銭と、財布から小銭が溢れ出しそうな時はお菓子の缶に入れてへそくりとして貯めていっています。

 

今だいぶ貯まってきたような音がしてるのでそれだけでも幸せを感じています。

 

専業主婦でいると自分のご褒美の為に大っぴらにお金を使う事に罪悪感を感じてしまうことも。

 

でも、自分の為のお金が少しずつでも貯まっていくと心に余裕が出てきて精神的にも気が楽になりました

 

今のところ子供が自立したら、老後に自分の好きな所へ旅行に行くのが私のへそくりの使い道です。

 

最後まで読んでくださりありがとうございました。

-お金
-

Copyright© 専業主婦のクノウ , 2020 All Rights Reserved.